1975年、グレコから一本のオリジナル・ギターが産声を上げました。その名はMR。以来多くの方々の支持をいただき、今ではグレコを代表するフラッグシップモデルの一つになりました。

2012年、グレコはMRに新たな歴史を刻みます。MRn-140R。往年のダブルカッタウェイを踏襲したフォルム、ヘッドストックには開発当初、表舞台に登場する機会を逸した個性的なロゴマークがアバロン貝とシルクスクリーンのコンビネーションでお目見え。コンテンポラリーなMRnの誕生です。

コントロールは使いやすく、人気を得た1ボリューム2トーンレイアウトを採用しました。サウンドは伝統的なグレコ・セットネックと相性の良いハムバッカー・サウンドを基調に、パワーと粘り、キレのある音をイメージして開発したClassic Screamin'を搭載しています。ブリッジは軽量でサスティーンに優れ、MRの美しいフォルムと調和したグラフテック製[RESOMAX WRAP NW1]を装備し、ナットにはブリッジとの相性が良いグラフテック製[NUBONE XL-JUMBO]を採用しました。オリジナルMRがそうであったように、手のかかるフレットエッジのオーバーバインディング処理にも注目頂きたい。

また、MRnはボディー・バックのフォルムにも大いにこだわりました。へッド・ロゴのフェミニンでしなやかなイメージをボディーにも導き、軽量化の実現と演奏性向上のための流麗なコンター加工をバックに、左右のホーンとネック・ジョイント部にも大胆なカットを施しました。

長年の歳月を経た今だからこそ手に取って、弾いて、感じてほしい。特徴的なサウンドとともに語られることのなかったもうひとつの物語を披露するスペシャルモデル。その希有な物語は始められたばかりです。

^ Back to Top